これまでの文献・著書
著書文献
1,「咬合崩壊を伴う症例における咬合挙上」
  ザ・クインテッセンス 9 (11):79〜93, 1990.11
2,「パーシャルデンチャーの維持歯の保護と歯周環境の整備」
  歯界展望 79 (1) 1992.1
3,「パーシャルデンチャーの維持歯における歯周環境の改善
  日本臨床歯周病談話会会誌 J.J.S.P. Vol.10 : 64〜71, 1992
4,「EichnerB4症例に対し、異なった負担様式により補綴を 行った2症例の経過と問題点
  補綴臨床 26 (2):157〜167, 1993.2
5,「補綴の目標を問い直す(3) 欠損が進行しても補綴の目標は同じか
  〜10歯前後欠損の症例からすれ違い咬合の症例まで〜補綴臨床 27 (1):6〜73, 1994 .1
6, 「特集 総合的歯科治療の目標と現在の課題
  歯界展望 83 (2):322〜333, 1994.2
7, 「顎堤の吸収が著しい場合,口腔底の緊張が強い場合の印象」
  補綴臨床別冊 実力アップ印象採得:143〜146,1994.9
8, 「臨床における顎位の設定の疑問から
  〜ゴシックアーチの臨床統計〜 補綴臨床 28 (2):155〜162, 1995 .3
〜臨床例を通して生じた疑問〜 補綴臨床 28 (2):163〜185, 1995 .3
9, 「欠損補綴症例の術後経過から」
  〜パーシャルデンチャーの維持装置を考える (1) 歯界展望 87 (4) :843〜856 , 1996.4
〜パーシャルデンチャーの維持装置を考える (2) 歯界展望 87 (5 ):1140〜1154, 1996.5
10,「デンタルプレスケールを通して欠損歯列をみる」
 

補綴臨床 29 (4) :457〜467, 1996.7

11, 「パーシャルデンチャーのフォローアップ
 

補綴臨床別冊 口腔ケアのためのフォローアップ : 147〜152, 1996.7

12, 「骨縁下欠損への対応〜咬合性外傷に対する対応を中心に
 

日本臨床歯周病談話会会誌 J.J.S.P. Vol.14:29〜36,1996.12

13,「NSアンテリアジグを用いた簡便で正確な下顎位の診断法
 

補綴臨床 30 (4):448〜449, 1997

14,「欠損歯列のリスクファクターと処置方針〜症例の棲み分けをめぐって
 

日本歯科評論 No.658:139〜155, 1997.8

1, 欠損歯列の診断
・日本歯科評論 No.658:139〜155, 1997.8
2, 欠損歯列の回復と処置の実際ー1,初期治療を進める中で
・日本歯科評論 No.659:137〜148, 1997.9
3, 欠損歯列の回復と処置の実際ー2,初期治療を進める中で
・ 日本歯科評論 No.660:125〜136, 1997.10
4, 欠損歯列の回復と処置の実際ー3,下顎位の捉え方と咬合採得  
・ 日本歯科評論 No.661:131〜144, 1997.11
5, 術後経過と欠損歯列のリスクファクター1
・日本歯科評論 No.662:137〜151, 1997.12
6, 術後経過と欠損歯列のリスクファクター2
・日本歯科評論 No.664:145〜159, 1998.2
7, 連載の論点とまとめ
・ 日本歯科評論  No.666:139〜153, 1998.4

15,「欠損補綴法におけるコーヌス・テレスコープの臨床的位置づけ」
 

ザ・クインテッセンス 18 (4):81〜92, 1999.4

16,「下顎位とガイドの捉え方と設定法
 

1,下顎位に関する概念を理解する
・ 歯界展望 94 (1):125〜137,1999.7
2,ゴシックアーチに取り組んでみてわかったこと
・歯界展望 94 (2):357〜372 ,1999.8
3,さまざまな下顎位の状況とその咬合位回復の実際1
・歯界展望94(3):599〜611,1999.9
4,さまざまな下顎位の状況とその咬合位回復の実際2
・歯界展望94(4):851〜862,1999.10
5, ガイドと下顎運動1 
・歯界展望 96 (1) :115〜128 , 2000.8
6,ガイドと下顎運動2 
・ 歯界展望 96 (2) :405〜416, 2000.9

17,欠損補綴診断のべ-スを探る「咬合支持」の臨床像
 

ザ・クインテッセンス 21 (1):212〜233, 2002.1

18,インプラントは歯列の崩壊を防ぐか
 

歯界展望 99(5) :981〜1021, 2002.5

19,ゴシックアーチに取り組んでみてわかったこと
 

日本歯科医師会雑誌55(3):4〜13, 2002.6

20,歯周外科に踏み切るとき
 

デンタルハイジ-ン別冊 : 115〜119,2002,12

21,インプラントが同居するパーシャルデンチャーへの期待
 

日本歯科評論別冊:157〜166,2003,10

22,欠損歯列の術後評価とリスクファクタ-〜個体差と症例群の傾向
 

別刷クインテッセンス・YEAR BOOK : 59〜66, 2003.11

23, 欠損歯列と歯周疾患のかかわりから処置方針を考える
 

日本臨床歯周病学会会誌 J.A.C.P. Vol.21:26〜32,2003.12

24,咬合高径の挙上・回復を行った症例の経過と考察
 

ザ・クインテッセンス23 (2):69〜76, 2004.2

25,パーシャルデンチャーの術後の様相とインプラントの応用
 

歯界展望 104(2):285〜296, 2004.8

26, 疫学デ-タの蓄積を進めよう(共著:永田省藏・栃原秀紀・牛島隆)
 

日本歯科評論:85〜88,2005,1

27,可徹性補綴物での対応
 

補綴臨床別冊,診断と治療方針のコンセンサス:22〜31,2005,5

28, 歯周外科に踏み切るべきか否かを考えてみよう
 

熊本県歯科医師会雑誌2005,11

29, 顎位の不安定な歯列 臨床歯科医のステップアップ研修(2)リスクを抱える歯列とどう向き合うか
 

ヒョーロンパブリッシャーズ:87〜98,2006.4

30,ブラキシズムのプロトコール
  (共著:永田省藏・牛島隆・栃原秀紀・山口英司) 補綴臨床39 (4):395〜415,2006,7
31,「QDT Success Basics 欠損歯列とパーシャルデンチャーの設計
  1, 欠損歯列とパーシャルデンチャーの設計(1)
・ QDT:31(2):64〜69,2006.2
2, 欠損歯列とパーシャルデンチャーの設計(2)〜レストとクラスプ〜
・ QDT:31(6):66〜73,2006.6
3, 欠損歯列とパーシャルデンチャーの設計(3)〜アタッチメント〜
・ QDT:31(10):56〜65,2006.10
4, 欠損歯列とパーシャルデンチャーの設計(3)〜テレスコープ〜
・ QDT:32(2):52〜59,2007.2
32, 欠損の終末像を豊かに〜少数残存歯をめぐる欠損補綴
 

1, 少数残存のステージを大切に扱う
・ 補綴臨床40(1):81〜90,2007.1
2, 少数残存歯列とオクルージョン(1)〜下顎の位置決めとよりよい咬合得のために〜
・ 補綴臨床40(2):187〜198,2007.3
3, 少数残存歯列とオクルージョン(2) 〜生体に調和するガイドと半調節性咬合器のハンドリング〜
・ 補綴臨床40(3):321〜333,2007.5
4,維持装置の選択と治療、技工のステップ
・ 補綴臨床40(4):429〜441,2007.7
5,少数残存歯とインプラント
・ 補綴臨床40(5):541〜551,2007.9
6,少数残存歯列の術後の変化とフォローアップ
・補綴臨床40(6):665〜677,2007.11

33, ブラキシズムのプロトコール〜調査結果から見えてきたこと〜
  (共著:永田省藏・牛島隆・栃原秀紀・山口英司) 補綴臨床40(4):373〜394,2007,7
34,鑑別診断と治療計画立案の臨床アドバイス
  1,上下臼歯遊離端欠損に対する補綴処置
・ ザ・クインテッセンス26 (7):107〜116, 2007.7
2,長い中間歯欠損の咬合再建
・ ザ・クインテッセンス26 (8):123〜133,2007.8
3,左右的すれ違い傾向の補綴とその行方
・ ザ・クインテッセンス26 (9):89〜99,2007.9
35,インプラントの咬合〜臨床上起こっている問題点
  日本補綴歯科学会雑誌52巻(1),10〜16.2008.1

36,

 

37,

 歯科臨床あるある大辞典(パーシャルデンチャー編)ー診断・設計とその手立てー

   社)北海道歯科医師会 2009.3

インプラントが対合歯に及ぼす力の影響

日本歯科評論 69(4):79〜87.2009.4

著書

BASIC PERIO 1 共同執筆(北川原健・佐々木勉・千葉英史・永田省藏)1999,医歯薬出版

BASIC PERIO 2 共同執筆(北川原健・佐々木勉・千葉英史・永田省藏)2002,医歯薬出版

学術ビデオ

わたし流咬合採得のすすめ〜下顎のずれの診断と処置〜 2001,(株)G-C

 
Copyright 2018 熊本市:永田歯科.