インプラント
歯が抜けた場合の治療〜すべてインプラントでという歯科医院は要注意を!
インターネットなどで調べられた方へ
他の歯科医院のホームページで “入れ歯”について書いたものを見られたことがありますか?ほとんどの歯科医院では入れ歯を悪い処置の代表例としてあげ、だからインプラントをしなさい、と書いてあります。
歯科医師それぞれに考え方があり、患者さんのために自分なりの治療の主張をすることは大切です。
しかし、わたしがみなさんに言いたいことは、歯を無くした場合に行う治療のオプションですが、パーシャルデンチャー・ブリッジ、インプラントそれぞれに良い点があります。
患者さんのお口も千差万別、無くなった歯を人工的に美しく、できるだけ違和感がなく良く噛め、清潔で、長持ちするものであることを目標としています。すべてインプラントでという歯科医院は要注意を!
 
あなたのお口に合った治療法を!
(例〜ブリッジで十分な治療ができる場合)失った歯は数本くらいまでで、しかも隣の歯にう蝕が発生していたり、冠のやり直しの必要がある場合、歯の根の治療などをやりなおしたうえで冠を再製ししますが、橋げたになる歯が丈夫で耐久性があると判断した場合はブリッジをお勧めします。インプラントに比較して費用は安く、治療期間も短くなります。
(例〜インプラントを推奨する場合)ある人では数本の歯を失ってしまったが、ほかは手付かずのきれいな自分の歯がある場合 健康な歯はできるだけ削らないで処置ができればそれにこしたことはないので、人工の歯根を植立して歯を作る方法が一般にはよいといえます。
 
インプラント
インプラントは歯を無くした部分の骨(歯槽骨)に人工の歯根を植立し歯の代替わりのものを作る方法です。現在では世界的に研究が進み、患者さんのお口の状況を把握して施術を進めていけば、安全でよりよい自然な感じに作りあげることができます。
 
前歯を一本だけ失った時は…なるべく隣の歯を削らずに治療する場合はインプラントが有効(○歳・女性)
 
術前(正面)
 
術前(下から見上げた写真)
 
   
術中
   
 
 
術前(正面)
 
術前(下から見上げた写真)
 
 
術前
 
術後
 
 
奥歯を連続して失った時は…(○歳・女性)
術前
 
術後
 
 
なるべくよい歯を削らず、歯を並べ直し自然な美しさに(○歳・女性) 〜歯列矯正+インプラント〜
術前
 
術中
 
術後
 
 
Copyright 2018 熊本市:永田歯科.