補綴治療(冠をかぶせる、ブリッジをいれる)
目に見えないところ〜そこが重要なのです
歯ぐきから出た歯冠部がう蝕によって部分的に崩壊した場合、クラウンという歯のかぶせものをすることになります。
部分的に修復する部分冠と全部を覆う全部被覆冠があります。一般には、全部被覆冠が多く、その辺縁は歯肉の中で歯と接します。
クラウンで大切なことは、完成したものの精度です。精密な技工操作によってつくられますが、型取りの方法とその材料が適合精度に大きく影響します。
冠はその辺縁を歯茎の中にすこし入るように作製しますが、この部の型取りがとても大切です。そこで一本毎に丁寧に歯と歯茎のすき間に特殊な糸を挿入して周囲の歯肉を押し広げる操作をします。時間がかかり患者さんもすこし圧迫感を感じたりして、お互いに大変ですが、これも適合精度を向上させ、虫歯の発生を防ぎ、歯肉にもやさしい冠をつくるためのものです。
 
 
型採り前の歯肉圧排
 
冠になる部分の精密印象
 
そのうえで、精度の高い型取り(印象とよびます)をします。特殊なゴム系の材料を用い印象を採りますが、それによって歯茎の中まで実物の歯とまったく同じ形の模型をつくることができるのです。
当医院では、そのようなステップを踏んで高品質のゴールドクラウンやセラミッククラウンをつくります。患者さんは白いきれいな冠ということで自費治療を希望されますが、私たちは歯茎の中の大事な部分をぴったり作り、長持ちするものを患者さんに提供したいのです。目に見えないところですが、そこが重要なのです。
 
ハイブリッド型インレー(白い詰め物)
  奥歯の比較的小さなう蝕の治療には、インレーといった詰め物をいたします。
健康保険を使ってする処置ではパ金銀パラジウム合金をつかうことが指示されていますが、できるだけ自然な白い色あいで仕上がるのを希望される場合はハイブリッド型インレーによって修復します。
 
 
硬質レジン前装ゴールドクラウン
  大臼歯など一番奥の歯で強い咬合力がかかる部位にお薦めです。ゴールドという安定した材質で、ほど良い硬さから、強く擦る力から歯を守るうえで有効であると考えています。冠の外側には硬いプラスチックを貼りメタル色を隠していますセラミッククラウンより安価です。
 
 
自然な美の再現
(メタルボンド陶材焼き付け冠の例)
 
白くすることできれいになることもありますが、周囲の歯にあった色調の再現を必要とすることもあります。何も白いものだけが審美治療ではありません。自然な美を再現することがたいせつです。
 
 
オールセラミッククラウン
  近年世界的に注目され歯科材料メーカー各社から種々の製品が出ています。金属をまったく使用しないので、金属に遮断されることなく、光の透過性が天然の歯のようにごく自然な歯に仕上がります。また、金属を使用しないので、歯肉が黒ずんでしまうことがありません。歯肉にとって有害な作用がなく、金属アレルギーの人にも最適です.
 
 
オールセラミッククラウンの例
 
 
 
それぞれの修復物の特徴(材料の特性・削る範囲・費用)を活かして行った治療例
 
一番奥歯は他の歯に比べ、咬合力が格段に強く作用するので
やや柔らかめの金属が適しています。それにはゴールドが最適です。外側の外観に触れるところは硬質の白いプラスチック様のものを貼っています。
しかし、健康保険で作れば持たないかというとそうではありません。しかし、適合精度・材質・美しさなどの点で差はございます。
できるだけ治療内容を患者さんにご説明していますが、不行き届きな点はご了承頂きたいと思います。
 
 
 
 
Copyright 2018 熊本市:永田歯科.